2021.05.28  奥沢プロジェクト着工

奥沢計画.jpg

2021年11月末竣工予定

設計:  CRAMHAUS 代表

     笠井 誉仁  /      CIAM

施工:  東京組

​角地、北側道路、隣地との高低差を生かし、日影・天空率検証から、地下緩和も含めた最大ボリュームを実現。第一種低層住居専用地域の2階建の街並みの中で、4層相当の塔状の空間を獲得した。

遮音性能の高い木製窓を全面的に採用することで、電車の騒音が全く気にならないため、むしろ線路のある南側を眺望と陽当たりの良い空地として積極的に評価し、3Dモデルで電車の車窓と建物窓との高さ関係を検証しながら、窓の位置と大きさを慎重に決めた。線路際であることを逆手に取り、見晴らしの良い、明るく快適な居住空間を目指した。